SSブログ

Doug Sahm [Today's Album]

「Texas Rock For Country Rollers / Sir Doug & The Texas Tornados」 1976
Click the Picture

Texas Rock for Country Rollers

Texas Rock for Country Rollers

  • アーティスト: Sir Doug & the Texas Tornados
  • 出版社/メーカー: Edsel
  • 発売日: 1997/09/23
  • メディア: CD

ロンゲにヒゲにモミアゲ、若き日のDougのトレード・マークである。(メガネもか?)
私はヒゲはまあまあ濃いのだが、モミアゲが無い。巷では永久脱毛をする男子も少なく無いらしいが、私は逆に植毛して欲しいぐらいだ。ミクロ○ンパスタなる頭髪以外に使う増毛剤をモミアゲに刷り込んでいたこともあったが
一向に生えてこず・・・。カッコから入る馬鹿です・・・。

Doug Sahm、Sir Douglas Quintet、Texas Tornados等と様々な名義でアルバムをリリース、人騒がせだが苦労してでもアルバムを集める価値がある憎めない親父だ。Doug Sahm & The Tex Mex Tripなんてのもあったなぁ。正直私もこの人が正規のスタジオ盤を何枚リリースしたのか把握してません。ベスト等の編集盤がまたゴチャゴチャ家にもいっぱいあってダブり曲あり、微妙にテイクが違う曲あり・・・。

Blues、R & B、Country、Swing、Folk、Jazz、Conjunto、Cajun、Polkaとあらゆる音楽を吸収して、大らかな人柄を思わせる包容力のある声で歌い上げるDoug Sahmはもちろん、TexasはSan Antonio生まれ。5歳でラジオ・デビューしてその喉を披露、子供の頃から地元のカントリー・コンサートに出入りしており、カントリー好きおっさん達に"Little Doug Sahm"と呼ばれ、可愛がられていたらしい。死ぬ2週間前のHank Williamsのステージに引っ張り上げられたという逸話も・・・。

ローカルでの活動を経て、1965年にSir Douglas Quintetを結成、メンバーにはその後Dougの片腕となる幼馴染のオルガン、ギター・プレーヤーである食料品屋の息子、Augie Meyersも既に含まれていた。この年にリリースした「She's About a Mover」がスマッシュ・ヒット。その後カリフォルニアに渡りSmashに数枚のアルバムを残す。その中には時代がらサイケな要素も含みつつ、既にDoug独特のTex-Mexサウンドが確立されていた「Mendocino」も含まれている。

Jerry Wexlerに呼ばれてTexasに戻りAtlanticと契約、レコーディングに集まった面子はBob Dylan、Dr. John、David Bromberg、Flaco Himenez。リリースされた73年の「Doug Sahm and Band」は名盤、特にDylan とのデュエットが聴ける「Is Anybody Goin To San Antonio」は強烈な個性を持った二人のヴォーカル、陽気で哀愁がある楽曲が絶妙のTex-Mexの名曲!

そんなDougのカントリー・サイドの魅力が凝縮されたのがこのアルバム。

①「I Love The Way You Love」はAtwood Allenという人の曲。Bruce Robison、Kris Kristoffersonもこの人の曲を取り上げていることからTexasのカントリー系ソングライターだと思うのだが、勉強不足でよく知りません。此処ではCCR調のカントリーロックに仕上がっているが、ヴォーカルが強烈!
②「Cowboy Peyton Place」は心地よくスウィングするカントリー・ナンバー。これもヴォーカルが強烈!
③「Give Back The Key To My Heart」はオルタナ・カントリー初期の名作、Uncle Tupeloの「Anodyne」でDoug本人をゲストに向かえカバーされていた名曲。Jay Farrerの重たいヴォーカルも良いけど、この人が途中から出てくるととガラッと空気が変わってたなぁ。此処ではカバー・バージョンよりも淡々と演奏されているがヴォーカルが強烈。
④「Wolverton Mountain」は往年のカントリー・スター、Cloude Kingの62年のヒット曲。直ぐにそれとわかるキュートなAugie MeyersのVox Organをフューチャーしたカントリー・チューンで、ヴォーカルが強烈!
⑥「Float Away」、フェイザーかフランジャーかな?とにかく揺れ系エフェクトをかませたエレキがカッコ良すぎのへヴィーなカントリー・ロック。Bottle Rocketsのカバーも良かったが、こちらの方がヴォーカルが強烈!
⑦「I'm Missing You」は、正にワン・アンド・オンリー、野暮ったくも甘く切ない、強烈なヴォーカルに心を掻き毟られるメロウなナンバー!
⑩「You Can't Hide a Redneck」は、このアルバム中では異色のへヴィーなブルーズ・ナンバーだが、この人にはお手のもんだ。終わり際、紙一重の強烈な雄たけびにのけぞる!

こうやって聴きなおしてみると、この人はメロディー・メーカとしても優れているのを再認識。
セールスとは無縁だったが、晩年の彼も精力的に活動しており、自分の活動に加えてAmos Garrett、Gene Taylorとの競演盤「The Return of the Formerly Brothers、Tex-Mex版Traveling Wilburysともいえる、Augie Meyers、Freddy Fender、Flaco Jimenezとの超スーパー・バンド(一部の人達の間でのみか?)"Texas Tornados"の結成は、コアなアメリカン・ミュージック・ファンを狂喜させた。
1999年心臓発作で突然の死去。

Doug Sahm 死すともTex-Mex死なず!

Dylanをも魅了したTexasの裏番長Dougを体験せずに人生を終えるのは不幸すぎる!
アメリカン・ロック好きで聴いたことがない人は、今すぐCD屋に走るか、どっかの販売サイトに飛んでください!

今も天国で、陽気で切ないフィドルをかき鳴らし、自慢の喉を披露しているに違いない。



Video 「Nuevo Laredo / Sir Douglas Quintet」
動くSir Doug!ロンゲにヒゲにモミアゲがカッコよすぎだ!
トランペットを吹きながら、オルガンを演奏するAugieもお茶目だ!

Video「Who Were You Thinking Of / Texas Tornados」
濃厚過ぎる4人!


nice!(4)  コメント(14)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 4

コメント 14

DEBDYLAN

毎度です。

この記事よんで、今日久し振りに『Doug Sahm and Band』と『TEXAS TORNADOS』聴いちゃいました!!
いいっすね。

DOUG SAHMのアルバムは、他にも『TEXAS TORNADO』、『THE TEXAS MAVERICKS』なんか持ってます。
『RETURN ~』もモチロン持ってますよ。

僕は『JUKE BOX MUSIC』っていうR&Bのカヴァー集('89年作)が結構好きです。
by DEBDYLAN (2007-04-30 23:02) 

Mudslideslim

>『THE TEXAS MAVERICKS』
ヤバッ!(汗)私としたことが・・・・。
これ知らないです!Doug Sahm名義ですか?詳細求む!(笑)

『JUKE BOX MUSIC』は選曲もマニアックでその上Dougのヴォーカル、
悪いわけないっちゅう感じで、私も大好き!
あんまりカッコよすぎで、自分でアップしといて「Nuevo Laredo」のVideo見まくっちゃいましたよ。
by Mudslideslim (2007-04-30 23:26) 

DEBDYLAN

再び、失礼します。

『THE TEXAS MARVERICS』はこれがバンドの名前のようです。
TEXMEX色の強い名盤だと思います。
メンバーは、DOUG SAHM, FLACO JIMENES, FREDDY FENDER...etc.
結構豪華かも(笑)

http://www.amazon.co.jp/gp/product/B000002LNX/sr=1-4/qid=1177943805/ref=olp_product_details/250-1316284-0189853?ie=UTF8&qid=1177943805&sr=1-4&seller=

Amazonのこのリンクを参考にして下さい。
僕も知らなかったけど、2ndアルバムもリリースしているしようです。

是非、聴いてみて下さい。

久し振り(初めて?)、知っているミュージシャンの記事でホッとしました(笑)。

僕は、モミアゲは勿論、髭も薄いんです・・・
無精髭、憧れました(笑)
by DEBDYLAN (2007-04-30 23:47) 

DEBDYLAN

何度もすみません・・・

さっきのリンクは全てメキシコ語(スペイン語)表記みたいです。

僕が持っているのは、英語表記のコッチです。

http://www.amazon.co.jp/gp/product/B000002LLS/sr=1-3/qid=1177944496/ref=olp_product_details/250-1316284-0189853?ie=UTF8&qid=1177944496&sr=1-3&seller=

内容は同じだと思いますが・・・。
by DEBDYLAN (2007-04-30 23:50) 

Mudslideslim

上のリンク、Texas Tornadosの1stですよね。
これ以外に『THE TEXAS MARVERICS』というのもお持ちなんですか?
なんか紛らわしいですよね!
by Mudslideslim (2007-05-01 09:16) 

Mudslideslim

deacon_blueさんnice!どうも!
by Mudslideslim (2007-05-01 09:22) 

Mudslideslim

ayumusicさん、niceありがとうございます。
打ち込み順調のようですね。
私は此処一年近く宅録から遠ざかっています・・・。
by Mudslideslim (2007-05-01 09:24) 

DEBDYLAN

ごめんなさい。
僕、完全に2枚をゴッチャにしてました・・・(恥)。

『THE TEXAS MARVERICS』、確かに持ってますよ。
ジャケ写なしですが、Amazonのマーケットプレイスにありました。

http://www.amazon.co.jp/gp/product/B000001Q50/sr=1-2/qid=1178022576/ref=olp_product_details/250-1316284-0189853?ie=UTF8&qid=1178022576&sr=1-2&seller=

1987年にリリースされました。
僕が持っているのは当時の国内盤CDです。
テイチクが配給してました。商品コードは「TECP-2552」です。
聴いた事ありましたか?


TEXAS MAVERICKSはバンド名でアルバム・タイトルは『WHO ARE THESE MASKED MEN?』でした(苦笑)。

改めて読んだライナーによると、サー・ダグラス・クインテットによる覆面バンドだとの事です。

以上、訂正でした。
失礼しました。

こんな僕ですが、懲りずにお付合い下さいませ・・・
by DEBDYLAN (2007-05-01 22:01) 

Mudslideslim

『THE TEXAS MARVERICS』ってもしかして本当に皆が覆面被っているようなジャケットですか?それなら現役時代に変なレーベルのヨーロッパ盤かなんかで見たことがあるのですが、ブートレッグかと思ってスルーしちゃいましたよ。私こそ(恥)です。
今ちょっとググって見たらAMGとかには出てこないですが、確かにそういうアルバムあったようですね。オークションではやりとりされているようです。
情報ありがとうございます!内容はいつも通りですかね?

混同するぐらい全然(恥)じゃないですよ!特にこのオジサンは紛らわしいことばっかやってたし。
Dougではないですけど、私なんか間違えて持ってるアルバムと全く同じ物買った事数回ありますからね。
by Mudslideslim (2007-05-01 22:53) 

Mudslideslim

質問ばっかしててすいません!
5曲目の「Browne Eyed Girl」ってヴァンモリの曲ですかね?
ヴォーカルは殆どDougがとっているのですか?
by Mudslideslim (2007-05-02 09:43) 

DEBDYLAN

報告が遅れました!! スンマセン。

>もしかして本当に皆が覆面被っているようなジャケットですか?
正解、そうソレです。
フランスのNEW ROSEってレーベルが原盤みたいです。
このレーベル、当時はジョニー・サンダースのアルバムなんかもリリースしていたみたいです。

内容は、軽い感じのR&Rアルバムといいましょうか・・・
全10曲、30分足らずの収録時間です。
カラッと乾いたギターの音がカッコイイなと感じました。

5曲目は仰る通り、ヴァン・モリソンの曲です。
ちなみに1曲目は、THE CLASHでお馴染みのあの曲です。

ライナーノーツによれば、2、5、7曲目はアルヴィン・クロウのヴォーカル、他はダグのようです。

Mudslideslimさん、聴けるといいなと思っています。
可能なら、CD焼いて送りたいっす。
by DEBDYLAN (2007-05-02 23:19) 

Mudslideslim

何度もすいません!
ご丁寧にありがとうございます!参考になりました。
なるほどね、この人ヨーロッパでも人気があったようですからね。
まだ出回っているようなんで、機会があったらゲットしますよ!
もうチョイ値が下がるの待って(笑)
by Mudslideslim (2007-05-02 23:27) 

ベアトラック

はじめまして。
ダグ・ザームで検索をかけたら、こちらに辿り着きました。
事前承諾なしで申し訳ありませんが、私の記事から、こちらにリンクを貼らせていただきました。これからもよろしくお願い致します。
見覚えのあるアイコンの方がいらっしゃいますが・・・笑
by ベアトラック (2009-08-17 16:42) 

Mudslideslim

ベアトラックさん、はじめまして。とはいっても某所でお名前はお見かけしています。

長い間返信せずに申し訳ありません。
こんなところでよければリンクでもなんでも貼っちゃってください。こちらこそありがとうございます。
ベアトラックさんのところも見させていただきましたが、うらやましすぎる生活ぶりではありませんか~!
来年はもう少し頑張るつもりなので今後ともよろしくお願いします。

by Mudslideslim (2009-12-31 10:44) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

定期病状報告Brad ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます