SSブログ

Tift Merritt [Today's Album]

「Tambourine / Tift Merritt」 (2004)
Click the Picture!

Tambourine

Tambourine

  • アーティスト: Tift Merritt
  • 出版社/メーカー: Lost Highway
  • 発売日: 2004/08/24
  • メディア: CD

身内よりオマエ文章なげえよっ!との突っ込みがあり、今回はなるべく簡潔になるよう努めます。
そして久々に女性シンガーを・・・。

1stを聴いたときは「Emmylou Harrisの再来かっ!?」と思ったけど、改めて2ndを訊いてみるとよりパワフル。Rockよりになった2ndのサウンドの方が彼女にあっているのかもしれない。

75年、Texas生まれのNorth Carolina育ち、音楽好きだった父の影響もあり、10代前半でギターを覚える。当初は他のティーンエイジャーと同様、Punk等の反抗心を露にした音楽に惹かれるが、興味の対象は徐々にアコースティックなサウンドに。「Joni Mitchellにはまらなかった女子は信用できないわ!ふんっ!」とまで語っているほどJoniにはまっていた時期があるらしい。その後Emmylou Harris(ほらやっぱり!)を耳にしてから、よりRootsよりのサウンドの虜になり、自らも音楽活動を開始する。
地元の音楽シーンでは直ぐに頭角を現し始め、カントリー・ロック・バンド、Tow Dollar Pistols(その筋ではけっこう有名)の準レギュラー・シンガーとしてステージをこなす。しかし、自分自身の楽曲を演奏するBandの必要性を感じ、The Carvinesを結成。Sugar Hillレーベルと契約の一歩手前まで行くが直前で破談。

その彼女を救ったのがNorth Carolina生まれで、90年代以降のアメリカン・ロック・シーンを語る上で欠かせない男、Ryan Adams(Bryanじゃないよ)だった。Tiftを見初めた(?)Ryanは自分のマネージャーに紹介、その結果メジャーのUniversalから配給しているルーツ・ミュージック・レーベルLost Highwayとの契約に成功。
ソロアクトとして契約したのにも関わらず、苦楽を共にしたThe Carvinesをバックに迎えた義理堅い女Tiftは、デビューアルバム「Bramble Rose」を2002年にリリース。そのオールド・スクールなカントリー・ヴォーカルは「“Lucinda Williamsの力強さ”と“Iris Dementの真に迫った響き”、“Emmylouのシルクのような滑らかさ”が見事に融合されている!」と大絶賛される。

最新スタジオ・アルバムとなる今作はプロデューサーにGeorge Dorakoulias(Tom Petty、Black Clows、Jayhawks等)、エンジニアにJim Scott(Neal Casal、James Iha、Doyle BramhallⅡ等)と、製作サイドで90年代以降のアメリカン・ロック・シーンに大きく貢献してきた二人を向かえ、より力強いアメリカン・ロックを聴かせている。

①「Stray Paper」、アコースティックギターのストロークにのって歌いだし、サビでかぶるエレキ・ギター。エモーショナルなのにほろ苦く、どこか冷めている・・・。このサウンドにピンと来たあなたは正しい。この曲は明らかにJayhawksスタイル。やっぱりGary Lourisがアルバムに全面参加。
②「Wait It Out」では「2曲目でこんなに飛ばしちゃって大丈夫なのTift?知りつぼみじゃないだろうなぁ?」と心配性なおっさんをヤキモキさせるパワフルな8ビート・ナンバー。
③「Good Hearted Woman」⑥「Your Love Made a U-Turn」はホーンを導入してSouthern Soulを髣髴とさせる、前作にはなかった試み。彼女のヴォーカルスタイルもカントリーだけではなくSoul、R & Bに多大な影響を受けているのが良くわかる。因みにDusty Springfield好きらしいです。
④「Ain't Looking Closely」も再びJayhawks-Gary色が色濃く出た、どこか“寒いサウンド”。
前作の路線を踏襲した泣きのカントリー・ソング⑤「Still Pretending」⑧「Plainest Thing」も、もちろんあります。
⑨「Late Night Pilgrim」~ラスト⑫「Shadow In The Way」までは疾走感たっぷりのこれぞアメリカン、というサウンドでおじさんの心配をよそに突っ走る。
⑩「I Am Your Tambourine」で馬鹿テク黒人ペダル・
スティール奏者Robert Randolphも参加。この人自分のバンドでは凄いファンキーでグルービーな演奏していてぶっ飛ばされました。この曲でもエンディングで強引に切り込んでくる。でも音が太すぎ!言われなきゃ普通のスライドだと思っちゃうよコリャ。カッコいいんだけどペダル・スティールの繊細な咽び泣きとは無縁の人だな君は。曲がノリの良い曲で正解。
⑪「Laid a Highway」は、生まれ育った町を逸れて建てられたハイウェイ、ホッとする反面、死に行く町を目の当たりにする遣る瀬無さを歌った、私一番のお気に入り曲!

他にHeartbreakersからMike CampbellとBenmont Tench、そしてNeal Casal、Maria Mckee、Don Hefingtonと現在のアメリカンロックを支えるメンツが集結してカントリーロックの枠を超え、Soul色をも違和感なくブレンドした極上のアメリカン・サウンドを作り上げた。
そう言えば本作に参加しているMaria McKeeも93年の2ndソロでGeorge Dorakoulias-Gary Louris、Mark Olsonという鉄壁のJayhawks布陣で華麗なる(?)変身を遂げていたなぁ。 

この手の音楽を現在やっている人は皆同じような道を辿っているが、彼女もLost Highwayとの契約を切られたとの噂があり心配だが、(大きなお世話か)マイナーでもかまわない、着実に次のステップを踏んで3rdアルバムを届けて欲しい。

惜しくも受賞は逃したが、2004年度Grammy Best Country Albumにノミネート。今回のDixie Chicksのような政治的駆け引きでもないと、選考員にはこんな素晴らしいロック・アルバムにBest Country Albumを与える度胸なんてないだろうな。(因みに受賞はLoretta Lynn、あんた、もういらないだろう?)

えっ?文が長いって?

Video 「Good Hearted Man」 PVですね・・・


Video 「Stray Paper」 バック・ステージでのリハか?



nice!(2)  コメント(6)  トラックバック(1) 
共通テーマ:音楽

nice! 2

コメント 6

deacon_blue

☆ 上の方の「ようつべ」見ました。とても良い感じです。アメリカン・ロックともいえるし,ソウルフルでもあるし,確かにカントリー・ロックでもある。その全てがミックスされて,王道(ミドル・オブ・ザ・ロード)のサウンドが出来上がった感じがします。こういう音がチャンと生きているのなら,まだまだアメリカン・ロックも捨てたもんじゃないと思いました。またこんな気持ちの良い曲を紹介していただけると嬉しく思います。
by deacon_blue (2007-04-16 21:03) 

Mudslideslim

deacon_blueさん、ありがとうございます。

お褒めにあずかり光栄です、って俺が褒められたわけじゃないんですけど・・・。

この手のサウンドは近年では一部の雑誌を除けば、中々日本のメディアで
取り上げられることはないですけど、途切れることなく受け継がれていますね。
取り止めがなく、稚拙な文章ですが、ネタ切れになるかばてるまでは続くかと思います。
by Mudslideslim (2007-04-16 22:37) 

DEBDYLAN

またまた、nice!なミュージシャンを紹介して頂いちゃいました。
ありがとう、です。
Mudslideslimさん、どうして僕の女性の好み知っているんです?(爆)

彼女の事、全く知りません(汗)でしたが、↑の2曲いいですね。
誉め言葉として、いつの時代のアメリカでも、カー・レイディオやバーのスピーカーから流れてきそうな音楽だなっ、て思い、ニコニコしちゃいました。

確かに、Emmylou Harris-好きです-、やMaria McKee-LOVE、特に若い頃(爆)-と同じ雰囲気を持ったミュージシャンですね。
じっくりと聴いてみたいです。

「Stray Paper」なんて、LONE JUSTICEの1stアルバムあたりに入っていても、しっくりきそうな気がします。

これからも、いろいろと紹介して下さい。
期待してますよ!!

ちと、強引ですが、僕の拙文、LONE JUSTICEの記事をトラックバックさせて頂きたいと思います。
宜しくお願いします。
by DEBDYLAN (2007-04-17 23:53) 

Mudslideslim

DEBさん、毎度ありがとうございます。

>どうして僕の女性の好み知っているんです?
餌にかかりましたね?Mariaについての過去記事見ていました。

Mariaに関してはの3rdを聴いて、あまり曲が・・・と思ったのと、
元々少し高音のきつい人でしたけど、年をとったためか
声が細くなってキンキン声に聴こえたような気がして、(年を取ったのは私か?)
購入を見合わせてから聴いてないのです。
その後数枚出しているようですよね。聴いてます?

トラバこちらこそありがとうございます!
by Mudslideslim (2007-04-18 21:15) 

イチムネ

相変わらず文が長げーよっ。
何だか今回の人はかなり良さそうで・・・。
ワシのツボにもはまるんじゃないかい?
でも・・・、もう少し早く教えてくれたら良かったのに。
そう、ワシはこの日日本を出発し、再びガーナに向かっていたのでした。
ガーナでもネットでCD買えるらしいけど(例えばHMVで)、送料が半端でないのです。
それと、今回の帰国中にipod-nano8GB買ったよ。ワシは細かいことはわからんが、shuffleを使ってましたので、もう少し容量のあるものが欲しいなと思いまして。ついでにONKYOのドックのついててCDも聴ける奴も買いました。
PC(itune)で聴くと、聴いてる途中にPCを使うとあまりよくないので、買いましたが、結構音もよく、ワシにとっては十分です。
とにかく、ガーナに帰ってきてしまいました。着いた途端、汗腺全開で汗びっしょり。今が最高に暑い。
怖いのは、最近汗にアンモニア臭が混じっているような気がする・・・。
おっさんの勲章を手に入れた喜びで頑張るわな。
by イチムネ (2007-04-19 07:31) 

Mudslideslim

お久しぶりです、イチムネ君!
無事母国に帰国されたようですね。
ガーナ人なのに日本語上手になりましたね!
私のブログを加齢臭で汚さないでください!
by Mudslideslim (2007-04-19 20:16) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

定期病状報告Dan Fogelberg ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます